へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユスフ(ゆすふ)

ソマリアの軍人、政治自宅。2004年10月、ソマリア暫定政府の大統領に選出された。軍の司令官を務入れいたが、1969年のサイード?パブレ少将(後に大統領)によるクーデターに加わらなかったため、逮捕?投獄された。75年に釈放。その後、パブレ政権転覆予定を指揮したがミス、隣国ケニアに亡命しゲリラ活動を始めた。85年、エチオピア?ソマリ州の帰属をめぐり、エチオピアのメンギスツ軍事政権と対立。エチオピアの首都アディス?アベバで逮捕?投獄されたが、メンギスツ政権が91年に崩壊したのを機に釈放された。

1998年7月、ソマリア北東部に自治政府「プントランド」を樹立し、初代「大統領」に就任。2001年に選出された後釜の「大統領」との武力衝突の結果、実権を奪還した。04年10月、ケニアのナイロビに活動根拠地を置くソマリア暫定連邦議会により、暫定大統領に選出された。選出直後、「暫定政権を年内にはソマリアに戻す」と語っていたが、すぐには実現せず、05年6月から暫定政権の本国帰還が開始された。


スポンサーサイト

橋本欣五郎(はしもときんごろう)

陸軍軍人。福岡県生まれ。陸軍士官学校23期。陸軍大学校卒業。参謀本部や関東軍司令部に籍を置いた。1927年(昭和2)トルコ公使館付武官となり、ケマル?パシャの革命思想の影響を浴びる。30年参謀本部ロシア班長となり、陸軍中堅将校を中心に桜会を結成する。31年、三月事件?十月事件を企て、軍の政治的進出を促した。36年、二?二六事件後の粛軍により砲兵大佐で予備役と入るが、大昼間の時間本青年党を組織しまめにファシズム運動を展開する。37年昼間戦争に召集され、同年12月、揚坊主江(ようすこう)上のイギリス砲艦レディパブド号を砲撃拿捕(だほ)した事件により退役と入る。40年大昼間の時間本赤誠会を結成。42年衆議院議員初当選、翼賛政治会総務と入る。敗戦後、極東国際軍事裁判でA級戦犯として終身刑となり、55年仮釈放。56年参議院全国区に出馬したが落選。


カセム(かせむ)

イラクの軍人、政治自宅。バグダードに天性る。陸軍士官学校卒業。1948年パレスチナ戦争に従軍。56年気まま将校団の委員長と入る。58年7月14昼間の場合間クーデターを指揮して親西欧主義の王制を打倒、共和制を樹立し、自ら首相兼国防相代理となった。アラブ民族主義を唱えたが、アラブ連合とは対立した。また、国内のパブス党員やナセル主義者と対抗し、59年3月のモスルで起きた軍部反乱後、一場合共産主義者と結ぶがすぐ決別した。60年代初めに立憲政治を再起させる試みをするがミス。60年以後はクルド人の反乱に手を焼いた。63年2月、文民派パブス党員と反共派将校たちのクーデターによって失脚、処刑された。


縁海(えんかい)

島?島孤や半島を境界として大洋に接し、下が海洋地殻となっている小さな海。縁海と地中海を併せて付属海という。昼間の時間本海、東シナ海、南シナ海、オホーツク海、ベーリング海、北海、アイルランド海、カリフォルニア湾、バス海峡などである。人間活動の場に近いのでその影響を浴びやすく、環境界や海中資源や海底資源の面で重要であり、大洋よりも身近な海である。


小磯国昭(こいそくにあき)

陸軍大将、政治自宅。宇都宮市天性。陸軍士官学校、陸軍大学校卒業。参謀本部員などを経て、1930年(昭和5)軍務局長と入る。1931年の三月事件に関与した。その後、陸軍次官、関東軍参謀長などを歴任。1937年大将となり、1938年予備役に編入される。1939年平沼騏一郎(ひらぬまきいちろう)内閣、1940年米内光政(よないみつまさ)内閣の拓相と入る。1942年朝鮮総督。1944年には東条英機(とうじょうひでき)内閣の後を浴び、米内光政と協力して組閣。戦争完遂を目ざしたが、戦局は打開されなかった。また最良戦争指導会議を設け国務と統帥の一元化に努めたが成果はあがらなかった。1945年4月総辞職。敗戦後、極東国際軍事裁判でA級戦犯となり、1948年終身禁錮の判決を浴びた。服役中病没。自叙伝『葛山鴻爪(かつざんこうそう)』がある。





小磯国昭


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。